Miyazawa Battery's carefree time

日々の整備日記やおススメ商品をご案内しています。

純正ディスプレイオーディオの救世主。高音質を手軽に楽しめるDSP内蔵パワーアンプのSaiaco

高音質を手軽に楽しめるDSP内蔵パワーアンプのSaiacoモデルが新しくなります。

Middle-Modelはハイレゾ音源にも対応可能になりました。お手持ちのスマートフォンで手軽に簡単に無料アプリで音質調整も可能なため、お好きな楽曲をお好きな音質でご自身で調整できます。

メーカー純正のディスプレイオーディオは本体の交換が極めて困難なため、スピーカー交換が一般的です。カーオーディオ専門店でカスタムする方法もありますが、なかなか敷居が高いモノです。

こちらのSaiacoモデルは純正ディスプレイオーディオに接続可能なパワーアンプ

さらにDSPも内蔵されているため、見た目は純正。でも音質は驚くほどの高音質。

さらに低価格と三拍子揃っています。

当店デモカーにて試聴可能です。ぜひ、ご試聴いただきご検討ください~

New-Modelの発売特価にてご案内致します~

 

 

 

国産スポーツカー盗難率の再上昇に注意

☆日産☆

R32 GT-R / R33 GT-R / R34 GT-R / S15 シルビア

マツダ

RX-7 ※FD型 FC型

輸出規制が解除されて海外に輸出され人気が高い日本のスポーツカーの名車たちです。人気が高く輸出される台数が少ない故に車両価格が高騰し、それに比例して自動車盗難率が上がっています。ここ最近は国産スポーツカーの盗難率が減少したかに見えたのですが、また上昇傾向にあります。

 

当店では国産スポーツカーに最適なカーセキュリティーをご案内しています。

販売価格は通常は120,000円ですが、名車の防犯お手伝いとして純正キーレスが装備されている場合は、税込88,000円でご提供致します。

セキュリティー本体は品薄状態が続いていますので、いつまでご提供できるか不透明ではありますが・・・

ご興味のある方は rvc@sky.plala.or.jp までお問合せください。

 

 

 

DMH-SF700取付

リース車両への取付ご依頼です。DMH-SF700はGPSや車速信号も入力するモデルになります。取付の難易度は高くありませんが、モニター固定用のネジが極小なので少々気を使います。

「既設バックカメラを取外して欲しい」というご依頼なので取外して新たにパイオニア製バックカメラを取付していきますが、配線の取り回しが恐ろしい事になっています。防水ブーツが切られていて配線も剥きだしの状態でした。

バックゲート内部も配線がこの状態ですが全て撤去しました。

切られた防水ブーツは元に戻せませんが、ある程度は純正状態に戻して取付完了です。

 

NV350キャラバン ディスプレイオーディオ取付

リース車案件でパイオニアのフローティングタイプD/Aを取付しました。

バックカメラの取付も。NV350の場合、ちょいと癖が強いので取付難易度は中程度です。

 

日野デュトロ ドラレコ取付

ドラレコが故障したため、新品取替します。まず故障したドラレコを取外しするため、必要な箇所を分解して取外ししました。電源の取出しは再利用していきます。

 

ユピテル指定店の1カメです。設置の難易度は高くないのでサクッと完了です。

 

日野 特装トラック ドラレコ取付

日野レンジャーのトラックにドラレコ取付です。最近のトラックの純正ラジオは12V電源なので12V専用のドラレコでも取付可能なのですが、特装トラックの場合は業務用の機器が多数取付されていて、電源も純正ラジオ裏から取出ししている場合が多いので、その場合は24V電源からでも取出し出来るように12Vと24Vの両電源対応タイプのドラレコを選択しました。もちろんユピテル指定店専用になります。

こちらはバックモニターと冷凍機が搭載されている特装車です。パネルを分解して電源を取出ししていきます。

やはり、純正ラジオ裏の電源から多数の業務機器用電源が既に接続されていたので、容量オーバーを避けるために別電源を探していきます。幸い主電源ヒューズ系統に空きがあったのでそこから拝借。

カメラ本体は1カメなので取付は簡単です。配線ケーブルをまとめて取付完了です。

 

サウンドアンサーバック手直し

アンサーバックの取付後に取扱い説明書通りの動作がしないため点検中です。コントロールユニットを分解して電源回路と信号回路を点検しています。メーカーさんとTELで確認しながら点検していると・・・

電源と信号の入力・出力には問題無い事が確認できたので当店の取付・配線ミスではない事が分かりましたのでひと安心。そこで改めてよ~く基盤を確認してみると・・・

ICの足が1箇所曲がっている。。。この部分が基盤端子に正しく刺さっていませんでした。ラジペンでゆっくりと正しく修正して基盤に差し込み動作チェック。

無事に正常動作となりました。